コーヒーダイエットの良し悪し

どのダイエット法にも良し悪しがありますね。

コーヒーにもあるのか、気になりますよね。

 

コーヒーダイエットの場合、飲めばダイエットになるものじゃありません。

コーヒーを摂取しつつ、体内の脂肪を燃えやすい状態にして

ダイエットしていくものです。

 

そんなダイエット法ですが、

やはり、コーヒーダイエットも良いところと悪いところがあるようです。

 

 

先に、コーヒーダイエットの良いところを紹介しましょう!

 

コーヒーに何を使用するかで、利点がいろいろありますが、

総合的には、「集中力の向上」が挙げられます。

 

コーヒーに含まれるカフェインは、目が覚める効果で知られていますが、

他にも集中力の向上、ならびに気持ちを落ち着かせる効果も発揮してくれるそうです。

 

それらの効果で、感情面もプラスになるわけですね。

ダイエットをがんばろう!と思えますし、その気持ちをキープできちゃいますね。

 

また、ミルクも砂糖も入れずにコーヒーを飲めば、

カロリーも全くといっていいほどありません。

さらに、糖や脂肪も取り入れることがないので、ダイエットに支障なく飲めます。

そこも利点といえますね。

 

 

さて反対に、コーヒーの悪いところはなんでしょうか。

 

それは、たくさん飲むことで、体調に少し影響があるってことです。

また他の短所として、「歯」への影響があります。

 

白く輝く葉も、コーヒー色に染まっちゃうわけです。

放置すると、やはり見た印象が悪いですね。

 

歯に色素が付着しないためには、

飲んだら歯をみがくのが、ベストですよね。

 

でも、コーヒーってどこでも飲めるのに対し、

歯みがきはそうもいきません。

ガムをかむことでも、少しは色素防止になるので、

色素が歯に付着したままにならないように気をつけたいものです。

 

ダイエットで美ボディを手に入れても、

歯がコーヒー色だとちょっとがっかりしちゃいますしね。

コメントは受け付けていません。