‘コーヒーダイエットとは’ カテゴリーのアーカイブ

コーヒーがダイエットに効果的なワケ

2014/03/19

最近よく目にするのが、

『コーヒーダイエット』のお勧めですよね。

 

…というよりも、コーヒーを使ってダイエットできちゃうのか、

すごく気になりますよね。

一口にダイエットっていっても、方法は様々です。

とにかくダイエットしたことがあるなら、「ん?」って思っちゃいますよね。

 

『ダイエット』って聞くと、

エクササイズとかして、体内の脂肪を燃やして減量するタイプが浮かびますよね。

また、食物繊維を利用したデトックス効果で痩せる方法もポピュラーですね。

 

何にせよ、コーヒーをいただく=ダイエット!!

という考えは浮かばないかもしれません。

 

でも、コーヒーがダイエットに有効といえるのはどうしてなんでしょう?

ちょっと調べてみました。

 

コーヒーの構成成分としては、カフェインがよく知られていますよね。

飲むと目が覚める効果も期待されています。

ですが、補助的にですが脂肪を燃やす働きもあるそうなんです!!

 

また、集中力もUPするし、リラックス効果もあるんだとか。

 

すごいですよね!

ただ、一つ要注意なのは、

「コーヒーを飲めば、ダイエットできちゃう!」わけじゃないってことです。

 

この考えは修正しておきましょう!

 

ダイエット成功への最速ルートは、

やはり、確実な自分の体調コントロールなんです。

 

毎回のメニューや栄養バランス、また運動量などを考えて

実践するのがベストですよね。

 

何も努力せずにダイエットは成功しないってことは、

覚えておくべきですね。

 

ダイエットのセルフコントロールって難しいですが、

コーヒーがそれをサポートしてくれるわけです。

 

何も入れずにコーヒーを飲めば、カロリーは無いに等しいので、

ダイエットを邪魔することがないってことです。

 

ダイエットをコーヒーを使いながらする前に、

自分に最適なダイエットの生活パターンを形作るのは大切ですね。

簡易式コーヒーでダイエットできるのか

2014/03/19

コーヒーダイエットにありがちな勘違いに、

『コーヒーを摂取すれば、ダイエットできちゃう!』

『飲み物はコーヒーのみ。その他はNG』

というものがありますね。

 

実際には、ダイエットの補助的な役割をコーヒーが担っている感じです。

なので、飲むコーヒーはラクラク淹れられて、

自分の好きな味わいのものがいいですよね。

 

コーヒーダイエットをする前に、

どんなコーヒーにしようか、ちょっとすぐには選べないですよね。

 

そんな方には、お湯を注げばすぐ飲めるインスタントコーヒーがうってつけです。

淹れるのも楽だし、ダイエット期間にもぴったりですね。

 

インスタントコーヒーだと、

あらかじめコーヒーにミルクや砂糖が入っていないものが主流ですよね。

ダイエットの補助に良いのは、無添加のブラックコーヒーなので、

すごく役立ちそうです。

 

最近のインスタントコーヒーには、

ダイエットに有効な成分が配合されている種類もありますよね。

もちろん、そのタイプも『飲めば即ダイエットできる』ものじゃないです。

 

ダイエットに特別よく効くとか、

考えずに飲んだほうが良さそうですよ。

 

人それぞれダイエットの効果に差がありますが、

ダイエット成分も同じく効き方に差が出てくるわけです。

 

ダイエット期間は、それも踏まえておくことが重要みたいですね。

 

今はインスタントコーヒーも進化して、

焙煎したような味わいを出してるコーヒーもあるんだとか!

ちょっとお菓子をつまみそうになっちゃうので、そこも気をつけましょう!!

ダイエットに缶コーヒーは使えるの?

2014/03/19

コーヒーダイエットをする際に

缶コーヒータイプには気をつけないといけません。

 

缶コーヒーだと、歩けばすぐ自販機があるので、ラクに手に入りますよね。

ダイエットするのにも、すごく役立ちそうですが、

やっぱり良いところと悪いところがあるようです。

 

缶コーヒーは新しいフレーバーなどがどんどん販売されていますよね。

特に気をつけたいのが、「微糖」フレーバーです。

 

ブラックの缶コーヒー以外は、

大抵の場合、砂糖てんこもりだと思ったほうがいいです。

つまり、微糖といえども侮ってはいけないわけです。

 

コーヒーダイエットをするときに、どうコーヒーを取り入れるかというと、

食事をしている間や食後に、温かいコーヒーを飲むんです。

 

常にカフェインを体に補給するわけですね。

基本的な方法がそうなので、缶コーヒーなら手軽に飲めるし、

役立ちますね。

 

コーヒーダイエットするときは、

フレーバーはもちろん無糖タイプです。

 

冷たいコーヒーでも、温かくてもOKとなってます。

ただ、体への影響を考えると温かいほうがベストのようです。

夏シーズンには、温かいコーヒーが消えるのは残念ですよね。

 

冷たいコーヒーでもダイエットに支障はありません。

でも、冷たい飲み物は胃腸を冷やしてしまいますよね。

なので、もしアイスコーヒーしかなかったら、

ごくごく飲まずに、少しずつ口に入れるようにしてくださいね。

 

また、コーヒーダイエットということで、過度に飲むのもNG!

体調に影響があるので、缶コーヒーが入手しやすいからといって、

がぶ飲みしないように気をつけましょう!

 

大事なのは、コーヒーはダイエットの補助ドリンクってことです。

焙煎コーヒーで本気のダイエット

2014/03/19

『コーヒーダイエットするなら、飲むコーヒーもしっかり選びたい』

そんな方もおられますよね。

それなら、焙煎コーヒーがイチオシですよ。

 

今ではコーヒーメーカーもたくさん種類がありますよね。

何が良いのかさっぱり…という方もきっと多いはず。

 

でも、ちゃんとコーヒー豆をローストして淹れたコーヒーって、

すごく豊潤な香りしますよね。

味に深みも出るので、ダイエット期間に心をリラックスさせてくれそうです。

 

ダイエットをしているときでも、

厳選したコーヒーを飲みたい方は、コーヒー豆も自分の好きな一品を使いましょう。

 

コーヒー豆を専門に取り扱っているお店に出向いて、

自分にぴったりの豆を探してください。

見てるうちに、思わず熱中してしまいそうですね。

 

よりぬきのコーヒー選びで、

ダイエット期間に気をつけたいことがあります。

 

それは、コーヒーをたくさん飲んでしまうことです。

食事や生活パターンが変わっても、すぐに胃腸は適応できないと思うので、

ぜひ気をつけたいですね。

 

コーヒーには、おトイレを促しやすいとも言われます。

たくさん飲んじゃうと、すぐトイレに行きたくなりますし、

胃腸にストレスを与えるかもしれません。

 

さらに、カフェインの作用として、

体の中で鉄分が取り入れられるのを防止する効果があります。

 

つまり、ダイエットのために張り切ってコーヒーを飲むと、

鉄分を普段よりも吸収しなくなるので、

倦怠感や疲労、さらには貧血の症状が表れるかもしれません。

 

自宅で焙煎するときは、コーヒーの味も自分仕様にコントロールできちゃいますね。

ダイエット期間は、薄く感じるくらいで良いと思います。

 

自分で混ぜ合わせたマイコーヒーを飲みながら、

ダイエットを続けるのも良さそうです。

楽しくできるのに、越したことはないですね。

コーヒーダイエットの良し悪し

2014/03/19

どのダイエット法にも良し悪しがありますね。

コーヒーにもあるのか、気になりますよね。

 

コーヒーダイエットの場合、飲めばダイエットになるものじゃありません。

コーヒーを摂取しつつ、体内の脂肪を燃えやすい状態にして

ダイエットしていくものです。

 

そんなダイエット法ですが、

やはり、コーヒーダイエットも良いところと悪いところがあるようです。

 

 

先に、コーヒーダイエットの良いところを紹介しましょう!

 

コーヒーに何を使用するかで、利点がいろいろありますが、

総合的には、「集中力の向上」が挙げられます。

 

コーヒーに含まれるカフェインは、目が覚める効果で知られていますが、

他にも集中力の向上、ならびに気持ちを落ち着かせる効果も発揮してくれるそうです。

 

それらの効果で、感情面もプラスになるわけですね。

ダイエットをがんばろう!と思えますし、その気持ちをキープできちゃいますね。

 

また、ミルクも砂糖も入れずにコーヒーを飲めば、

カロリーも全くといっていいほどありません。

さらに、糖や脂肪も取り入れることがないので、ダイエットに支障なく飲めます。

そこも利点といえますね。

 

 

さて反対に、コーヒーの悪いところはなんでしょうか。

 

それは、たくさん飲むことで、体調に少し影響があるってことです。

また他の短所として、「歯」への影響があります。

 

白く輝く葉も、コーヒー色に染まっちゃうわけです。

放置すると、やはり見た印象が悪いですね。

 

歯に色素が付着しないためには、

飲んだら歯をみがくのが、ベストですよね。

 

でも、コーヒーってどこでも飲めるのに対し、

歯みがきはそうもいきません。

ガムをかむことでも、少しは色素防止になるので、

色素が歯に付着したままにならないように気をつけたいものです。

 

ダイエットで美ボディを手に入れても、

歯がコーヒー色だとちょっとがっかりしちゃいますしね。

コーヒー以外にもある!ダイエットの優良アイテム

2014/03/19

ダイエットの効果的なのは、コーヒーだけではありません!

 

飲み物を使ったダイエット法は増加中で、

TVやラジオ、ネット上など、いろんな媒体で取り上げられています。

 

今回は、コーヒーの対抗馬(笑)みたいな

ダイエットに使える飲料を取り上げますね。

 

 

その1 『豆乳』

 

大豆を原料とした飲み物、豆乳。

こちらは、食物繊維がたくさん含まれているので、

ダイエットに欠かせない一品です。

 

豆つながりで、豆腐やおからを使ったダイエットも話題ですよね。

 

 

その2 『炭酸水』

 

外国では、ダイエットに炭酸水を使うのは当たり前になってきてます。

食べる前に飲めば、お腹いっぱいと感じる神経に作用し、

食べる量を抑えることができます。

 

また、胃にも影響を与えるので消化を促す効果もあるようです。

そのような効果を駆使してダイエットを行うので、

日本でも知名度が上がってきてます。

 

 

その3 『ココア』

 

ココアにも、豊かに食物繊維が含まれているので、

胃腸をクリーンな状態に保ってくれますよ。

 

健康的にもフラボノイドがたくさん含有されていることで話題のドリンクです。

それもダイエットに効く飲みものに選ばれるワケかもしれません。

 

 

上記の飲み物のほかに、

ビネガーや果汁を使ってダイエットする仕方もあるそうです。

ダイエットに臨む各人の嗜好に沿って、チョイスできるのが嬉しいですね。

 

先ほどのダイエットに効く飲み物も、

コーヒーダイエットと同じダイエットを焦点にしていますが、

痩せるまでの考えや効果は異なりますね。

 

どう継続していくかは、各アイテムで違ってきます。

 

 

でも、コーヒーやその他のダイエット法でも、

ちょうど良い運動と栄養を考えた食事、最適なコントロールが大切ですよね。

 

それがメインで、上記のダイエット法は補助的な役割だということです。

そんな考えを忘れないことが一番重要ですよね。

 

意志力が不可欠なようです。